NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

株式会社NTTデータ信越

システムエンジニア H・K

ソリューションビジネス事業部開発部

理工学系研究科情報工学専攻卒業システムエンジニア H・K

地域貢献を視野に入れた就職活動

理系出身とはいえ、「自分の身近なこと」として感じられる仕事がしたいという思いもあって、県内での就職を希望しました。合同企業説明会で運命的に出会ったのが、NTTデータ信越だったんです。採用担当者の話を聞き、「地元貢献度が高いこの会社なら、地域活性化のお手伝いができる」と、入社を決めました。

プロジェクトベースの進行で
院生時代に培ったコミュニケーション力を発揮

学生時代は、今の仕事とは直接的な関わりがない騒音の研究をしていました。でも、研究室では、研究発表のために教授と何度も話し合ったり、ゼミの友人たちと入念な準備をする機会が多かったんです。そのことが、今の仕事に繋がっています。なぜなら、SEの仕事は、お客様のご要望に応えるシステムを作ることなのですが、実際は、打ち合わせなど、人とコミュニケーションする機会が多いから。また、仕事の中で自分ひとりでは解決できない課題も発生しますが、そういうときは、先輩などにアドバイスをもらい、いろんな解決方法を検討することで、よりよいシステムを作りあげることが大切です。現在は、食品加工会社の販売システムの開発をプロジェクトベースで進めています。仕事の内容は、ヒアリング、企画、設計、仕様の最終チェック、試験、と様々で、製造に関わることもあります。企画からリリースまで、すべての工程にたずさわれることが醍醐味ですね。

キャプション

粘り強く、好奇心旺盛に

お客様が、実際にシステムを使ってくださっているところを見るときが、一番やりがいを感じるときです。先輩の仕事を見ていると、自分の専門外であるお客様の業務にも精通していたり、なにか問題が起こったときには、お客様第一を考えたすばやい対応をしています。私も、自分の仕事に熱意をもって取り組むのはもちろん、「もっとこうしたら使いやすいんじゃないか」と、お客様の立場になって考えられるSEになりたいです。女性が少ない職種ですが、多様な業種に触れる機会があり、柔軟性や多様性といった「女性の利点」が重宝されていると思います。

キャプション

地域のみなさんに喜んでもらえるサービスを

自分の作ったシステムが、暮らしの中で活用され、地元のみなさんに喜んでいただいていることを実感する日々です。コミュニケーション力と論理的な思考、多様性のある視点を最大限生かせる、SEという奥深い仕事を通して、これからも、地域のみなさんに喜んでもらえるサービスを提供していきたいと思っています。

ブレイクアイテム

デスクの引き出しを開けると、そこには秘密のおやつボックスが。
SEには問題を解決するための発想が必要。仕事の合間にほんの少しコーヒーブレイクする時間が、よりよいアイデアを生んでくれるのです。

おやつボックスに常備されているお気に入りのおやつは小ぶりのおせんべい。